Columns[ コラム ]

コースメンテナンス - Maintenance -

バックナンバー 一覧

■ ■ ■ グリーンキーパーのひとり言(3) ■ ■ ■

■グリーンシート掛け

この冬は例年にない暖冬で、12月に入っても本当に暖かい日が続きました。通常12月上旬には朝霜が降りて、コース一面真っ白の世界になるのですが、昨年は年末に寒波が来て、ようやく真冬のゴルフ場らしくなりました。
この時期は関東のゴルフ場で朝早くスタートすると、一面霜と凍結でバリバリの中プレーされた経験をお持ちの方も多いと思います。 そんな中、当倶楽部では少しでも良いコンディションでプレーして頂くためにグリーン上に「アルミシート」を掛け、ボールがシーズン中と同様に止まり、転がるための手助けをしています。

■ 冬のグリーン作業手順

①プレー終了後の午後にグリーン刈りをします。
(この時期、ほとんど芝は伸びませんが、細かいスパイクマーク等を転圧するためにグリーンモアを走らせます。)

グリーン刈り風景
グリーン刈り風景

②翌日用のカップ切りをします。

カップ切り風景
カップ切り風景

③グリーンのシート掛けをします。

①各グリーン角のポイントからシートを掛ける
①各グリーン角のポイントからシートを掛ける

②シートを掛け、風で飛ばされないようにピンと土のうで留める
②シートを掛け、風で飛ばされないようにピンと土のうで留める

③シート掛け終了
③シート掛け終了

④早朝、ピンを抜き、シート上げをします。

①シート上げ風景1
①シート上げ風景1

②シート上げ風景2
②シート上げ風景2

③シートを干す場所に運ぶため、一旦畳む
③シートを干す場所に運ぶため、一旦畳む

④ブルーシートにのせて運ぶ
④ブルーシートにのせて運ぶ

⑤日の当たる法面に干す
⑤日の当たる法面に干す

⑤グリーン上の落葉、芝カス等をブロワーで清掃し、終了です。

■ 冬のティーグラウンド

冬の朝、凍結した真っ白なティーグラウンドでショットをするのは辛いものです。
当倶楽部ではレギュラーティーには縦2m横5mのシートを掛け、その他のティーにはティーボーラー(穴あけ器)を置いています。

レギュラーティーのシート掛け
レギュラーティーのシート掛け

レギュラーティーのシート上げ後
レギュラーティーのシート上げ後

バックティのティボーラー
バックティのティボーラー

冬の凍結と霜を防ぐための一連の作業は、とにかく人手がかかります。
1枚200~300㎡のシートを掛けるには1班、5人以上は必要ですし、朝霜の付着したシートは50kg以上にもなり、これを 2人組で運ばなければなりません。そのため不況続きのゴルフ場業界ではシート掛けをしない(できない)コースが増えています。
そんな中、何とか良いコンディションでお客様にプレーして頂きたいと頑張っている、「冬の清澄ゴルフ倶楽部」に、今年も是非ご来場下さい。

清澄ゴルフ倶楽部 グリーンキーパー野呂田 峰

ページトップへ