Columns[ コラム ]

コースメンテナンス - Maintenance -

バックナンバー 一覧

■ ■ ■ グリーンキーパーのひとり言(30) ■ ■ ■

■雷とゴルフ場

数日前のある日、懐かしい知人から電話がありました。
「5月にもなるのに、最新コラムが雪景色とは何事だ!」と、ごもっともなお叱りを受け、久々にコースの近況や新しい話題を書くことにしました。

積乱雲
積乱雲

激しい稲妻
激しい稲妻

大雨
大雨

3月落雷 4番ホール①
3月落雷 4番ホール①

3月落雷 4番ホール②
3月落雷 4番ホール②

ゴルファーが唯一、自身の判断でプレーの中断をすることができる自然現象が「雷」です。・・・とは言いながら、実際のゴルフ場内では同伴競技者もいれば、前後のお客様もいる。ましてや現在のほとんどのコースに乗用カートが導入されている点など、ゴルフの原点からかけ離れてきた現状では、我々のゴルフ場側の判断や対応が重要な問題になっています。
当倶楽部でもパソコンでリアルタイム落雷情報を見ながら、危険度をレベル1~4まで段階的に対応策を示した「落雷マニュアル」を作成し、プレーヤーや従業員に落雷事故が起きないよう努力しています。
雷に関する避難方法には誤解されているものも多いので、念のために説明しておくと、ゴルフ場のような広い所で落雷の危険がある場合には、とにかく防雷設備のある建物(当倶楽部では、クラブハウス、茶店、防雷小屋)に非難してください。 バンカー等の凹地に低姿勢で・・・なんて説もありますが、たとえ安全でも、大雨の中では数分も耐えられません。(笑)
また4m以上の高い木のそばに逃げてしまった場合には、頂上から60度の角度で書いた円より外まで離れて下さい。細い棒状のものが雷を誘導することは確かで、雨に濡れることが心配でも命には代えられません。 ゴムタイヤを付けた乗用車は安全ですが、密閉されていない乗用カートでは落雷の危険があります。とにかくクラブも何も全て放り投げて避難して下さい。

新設防雷小屋#4
新設防雷小屋#4

リアルタイム雷情報
リアルタイム雷情報

防雷小屋看板
防雷小屋看板

当倶楽部には、クラブハウスと茶店以外に、合計11棟の防雷小屋があります。その内3棟は今年になってから増設しました。素早く、近くの安全な場所に避難することが重要です。その後はリアルタイムの落雷情報により、中断、もしくは中止となることもありますので、誘導にしたがって避難して下さい。

グリーンの更新作業①
グリーンの更新作業①

グリーンの更新作業②
グリーンの更新作業②

グリーンの更新作業③
グリーンの更新作業③

5月末現在、グリーンには今年初めての本格的なエアレーション作業をしております。プレーコンディションの良い時にご迷惑をかけることは、グリーンキーパーとして最も頭の痛いところですが、ワングリーンとして最小限のダメージで更新作業をしておりますので、ご理解下さい。国内有数の内陸性気候の夏を乗り切るために、最善の準備をしております。
その他にもカート道路の補修工事や、花壇の植替えなど、コース内の美化につながる作業も順次行っておりますので、是非ご来場下さい。

カート道路の補修
カート道路の補修

花壇の補修
花壇の補修

花壇の植替え
花壇の植替え

 

 

清澄ゴルフ倶楽部 グリーンキーパー野呂田 峰

 

 

ページトップへ